桜花の下の芝生にあぐらをかいて座って | 校庭・園庭・グラウンド芝生化なら信州グリーン

桜花の下の芝生にあぐらをかいて座って

桜花の下の芝生にあぐらをかいて座って

太宰治の「津軽」の一節です。

「津軽」は1944年(昭和19年)の作品です。

太宰作品は「走れメロス」と「人間失格」の2作品を読んだだけです。

「津軽」の中にこんなに素敵な情景があると知りました。

美しい情景が目に浮かびます。

当時から「芝生」があったということが

太宰作品からわかり、

なんだか嬉しくなりました。



Comment

  1. ブン太 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「・・・あぐらをかいて座って、重箱をひろげた。これは、やはり、N君の奥さんのお料理である。他に、蟹とシャコが、大きい竹の籠に一ぱい。それから、ビール。」
    私はこちらの方が気になります。
    後の方にこんな一節もあります。
    「空には雲雀がせわしく囀っている。こうして、故郷の春の野路を歩くのも、二十年振りくらいであろうか。一面の芝生で、ところどころに低い灌木の繁みがあったり、小さい沼があったり、土地の起伏もゆるやかで、一昔前だったら都会の人たちは、絶好のゴルフ場とでも言ってほめたであろう。」

  2. shibahu より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ブン太さん
    昭和19年の作品に「一昔前だったら都会の人たちは、絶好のゴルフ場とでも言ってほめたであろう。」とは驚きました。
    あと「斜陽」も読んだことがありました。