人工芝の球場 | 校庭・園庭・グラウンド芝生化なら信州グリーン

人工芝の球場

長野オリンピックスタジアムの人工芝

ドナルドとグラッツェ

グランド外の土手の天然芝コウライシバかな?)

土手の

その向こうの山

shibahuのブログ-オリスタ

確かに長所もあると思います。
たとえば、天然芝に比べ損傷が少ない。
たとえば、天然芝に比べ建設後の維持管理が楽。
・・・
あとは、、、、何があるんだろう・・・

建設費用は天然芝の何倍もかかります。
10年も経てば損傷が激しく張替を行います。
東京ドームでは1997年に張った人工芝を、

5年後の2002年に13,000m2の張替を3億6千万円もの莫大な費用をかけて行っています。
大量の産業廃棄物が発生し地球のゴミとなりました。
年間で計算すると360,000,000円÷5年=72,000,000円・・・・
すごい金額です。
天然芝生グラウンドが1面以上できてしまいます。
天然芝生グラウンドの年間維持管理費に充てたなら
とても密度の濃い管理ができると思います。
当社のエコアースシステム維持管理なら使い切れません。

また、人工芝のグラウンドでプレーをしたことのある人の感想には
「熱い!」「滑り込みをしたら摩擦でやけどをした」が含まれています。

金額だけではなく環境面から考えても天然芝の方が断然良いと思うのですが・・・