本日尋ねられた芝生についての質問とお返事 | 校庭・園庭・グラウンド芝生化なら信州グリーン

本日尋ねられた芝生についての質問とお返事

Q,昨年、5月に西洋芝の種を蒔いた。
 株のようになり、まだら。
 9月にもう一度蒔いた。
 芝生がしっかりしてから芝刈りをするのがいいと思い芝刈り回数は少ない。

A、種蒔きの時期は、農家で種を蒔く時期が最適期。
目安としては、田植えの頃から母の日付近までと、秋に赤とんぼが見られ始める時期。
散水が容易に出来る、全自動散水設備を設置すれば、
真夏でも発芽し、生育可能です。
株化の原因は、芝刈り不足。
経験では、一日の最高気温の合計が200℃の頃発芽を確認します。
芝刈りが可能な芝丈になったら、芝刈りを行います。
(蒔かれた)西洋芝は分蘖(ぶんけつ)で増え、
刈り込みが不足すると、株化となります。
僅かな丈の芝刈りを回数多くする方が綺麗な芝生になります。
芝丈を長くしてしまった場合は、
一気に短くするのではなく短い丈ずつ何度かに分け芝刈りをして下さい。
一気に短くすると日光が当たっていなかった部分に陽が当たるようになってしまい、軸枯れを起こします。